おしゃれな店舗リフォームやおしゃれな家のリフォームをしたいと思ったことはありませんか?「テーマパークの様な家にしたい」「内装をおしゃれな店舗にしたい」「庭をおしゃれにしたいから塀にオリジナルアートをして欲しい…」などなど、色々とお考えだと思います。

ここでは、内装や外装、塀などおしゃれなリフォームにするための工程を正しくお伝えします。あと最近、よくある手抜き工事に関してもお話をしていきたいと思いますので、長文になりますが、おしゃれなリフォームの全てが分かります。出来るだけ詳しく書いていきますので最後まで読んで頂ければ幸いです。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

⑴下地作り

まずは、下地に対してキチンとモルタルが密着するような素材を貼っていきます。

写真はラスカットという下地材を貼っています。この後に下塗りを塗装してからモルタルを塗って、メッシュを貼り、クシビキをしてモルタルが下がってこないように処理します。

⑵モルタル、彫刻

下地のクシビキしたモルタルがしっかり乾燥したら、そこにまた密着をよくする専用下塗り材を塗装します。

下塗りが完了したら、そこからモルタルを塗り、イメージや参考資料に合わせて彫刻していきます。

⑶ベース塗装

彫刻が完了したら、下塗り、中塗り、上塗りと防水性を高めるためのベース塗装を行います。

★ポイント

このベース塗装行わない業者が本当に多いので、注意が必要かも知れません。ベース塗装を行わず、エイジング塗装をすると下地がモルタルなので言うまでもなく、吸い込みが激しく、劣化も著しく早くなります。

エイジング着色、クリヤートップコート

ベース塗装が終わったら、参考資料に合わせて、着色して、屋外であれば、塗膜保護、防水性を高めるためにクリヤー塗装をします。

★ポイント

お客様が望まれたなら仕方がないのですが「写真で写すと反射するから‥」とかいう職人都合でクリヤー塗装をかけない業者もいるので、注意が必要かも知れません。クリヤーと言っても艶は一番少ないので塗るのが通常ですので、ご安心してください。

施工例

オリジナルアートは、おしゃれな店舗の内装や外装、庭など様々なリフォームで活躍する技術です。三重県内で「少しおしゃれなリフォームをしたい」「どこにもないオンリーワンのリフォームがしたい」と思われている方はお気軽にご相談くださいませ!

おしゃれなリフォームのまとめ

おしゃれな店舗リフォームやおしゃれな家のリフォームをするための工程や手抜き工事についてお話させて頂きました。いかがだったでしょうか?

この仕事はこだわりが強い職人が多く、その場の仕上がりを第一に考える職人も多いのですが、美観性、長期耐久性を考えた時に、ベース塗装や最後のクリヤーなどは外せない工程なのです。もし分からない事などございましたらお気軽にご相談してください。

この他に、疑問や質問などございましたら、お気軽に、0120-804-902(8:00~20:00)まで「ホームページ見ました」とお問合せしてください。

この記事を書いたのは

代表の久保です

株式会社リペイント匠 代表取締役 久保信也 1982年2月8日生まれ。【プロフィールはコチラ

◆代表久保の1冊目の書籍となる「家の寿命を20年延ばすはじめての外壁塗装」を幻冬舎から出版。Amazonやお近くの書店でも購入可能。

15歳からこの建築業に携わり、2012年に一般の消費者向けのリペイント匠を設立しました。施工したお客様に必ず喜んで頂けるように、社員教育を徹底し、一軒、一軒を自分の家を塗り替えするように丁寧に一つの作品のように仕上げています。三重県にお住まいで外壁塗装やその他おしゃれなリフォームでお悩みの方はお気軽にご相談してください。

三重県全域(津市・鈴鹿市・四日市市・亀山市・松阪市)での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
アクセスはコチラ

津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
アクセスはコチラ

鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3
アクセスはコチラ


【公式】YouTubeはコチラ

【公式】インスタグラムはコチラ

【公式】Facebookはコチラ